慶友整形外科病院
宇沢整形外科慶友健診センター

〒374-0011 群馬県館林市羽附町1741
TEL:0276-72-6000 FAX:0276-75-4888
 
病院概要
診療案内
医師紹介
看護部より
画像診断科より
診察実績
交通アクセス
外来受診される方
入院される方
お見舞い
人間ドック
転倒予防教室
野球肘検診
付属研究所
リハビリテーション
職員募集
トップページ
看護師インターンシップ
QRコード
HOME > 骨粗しょう症
骨粗しょう症

新聞やテレビなどで耳にする機会も多い骨粗鬆症は、簡単にいうと全身の骨の量がどんどん減ってしまい、その結果骨が脆くなり、ちょっとしたことでも骨折を来しやすくなる、という病気です。女性の場合、女性ホルモンの関係で男性よりも加齢による骨量の低下が著しく、治療が必要な患者さんのほとんどが女性です。
骨は常に溶けては作られる、という代謝を繰り返しており、このバランスが加齢や病気、運動不足などで崩れると、どんどん骨の量が減ってしまいます。ほとんど自覚症状がないため、検診などで骨密度を測定し、初めて骨粗鬆症と診断される患者さんが多くいます。尿や血液を調べることで、骨粗鬆症の程度などがより詳しくわかります。
骨粗鬆症の治療は、内服薬が中心となります。ですが、薬は骨折を起こす確率を下げることはできますが、骨の量をどんどん増やしてはくれません。薬だけでなく、食事や運動、生活環境に気をつけることが重要です。とくに適度な運動は骨を丈夫にするだけでなく、運動能力を維持して骨折の原因となる転倒を防ぐことにもなります。
骨粗鬆症による骨折で頻度が高いのは、大腿骨頚部骨折、胸腰椎圧迫骨折、橈骨遠位端骨折などです。特に大腿骨頚部骨折は、手術をしないとほぼ確実に寝たきりになってしまいます。
高齢者の寝たきりの原因の約20%が骨折といわれています。寝たきりを防ぐためにも、年一回程度の定期的な骨密度測定を行い、早めに治療を開始しましょう。

このページのトップへもどる
 
   
 
     
   
  病院概要診療案内医師紹介看護部より交通アクセス外来受診される方入院される方人間ドック転倒予防教室付属研究所  
   
  Copyright (C) KEIYUKAI MEDICAL CORPORATION All Right Reserved.