慶友整形外科病院
慶友会

医療安全への取り組み

医療安全管理体制

慶友会では、より安全で質の高い医療を提供するために医療安全管理指針を策定し、医療安全管理委員会・医療安全推進室を中心とした医療安全管理体制の確立を図っています。

医療安全は医療の質にかかわる重要な課題であり、医療の基本となるものです。患者さんと職員の安全を守るため、慶友会全体で医療事故防止に努め安全推進活動の実践に取り組んでいます。

慶友会医療安全管理指針

医療安全管理組織

組織的な安全管理体制確保を目的として医療安全管理委員会・医療安全推進室が設置され、部門横断的な安全推進活動を実践しています。

組織的な安全管理体制

インシデント報告システム

業務において「ひやりとした・はっとした」事や、ある医療行為が患者さんに実施された場合に何らかの被害を生じる可能性があった場合・実施されたが結果的に被害がなかった場合など、患者さんにとって有害事象になりうる事例があった場合はすべて「インシデント報告」として院内オンラインシステムにて報告することを全職員に義務付けています。
報告された事例は各部署や医療安全管理組織内で分析し、問題点の把握と業務改善につなげられます。院内報告システムを活用し、事例の共有と学習をすることによって再発防止に資することができます。

医療安全教育

医療の安全確保のためには職員の教育が必要不可欠です。全職種が医療安全に対して同じ意識をもって安全な医療の提供に努めることができるよう、医療安全管理者が中心となって安全教育を企画し部署のリスクマネージャーとともに開催しています。また、毎年職員の医療安全に対する意識をより高めるため、外部講師を招いての医療安全講演会も開催しています。

BLS・AED講習会
BLS・AED講習会

教育動画ツールを使った安全研修
教育動画ツールを使った安全研修


分析手法研修
分析手法研修

講演会ポスター
講演会ポスター


医療安全対策

患者さんと医療者のパートナーシップ

安全な医療の提供のためには医療従事者だけでなく患者さんにもご協力いただくことが重要となります。
次のような医療安全活動へのご参加をお願いいたします。

医療の安全に関するご相談について

当院では専従の医療安全管理者を配置しており、医療の安全に係るご相談をお受けしております。
ご相談のある方はお近くの職員までお声がけください。