慶友整形外科病院
慶友会

栄養科

栄養科では、入院中の患者さんに「安全でおいしい食事」を提供できるように、メニューの立案から食材の仕入れ、調理、盛り付け、患者さんに召し上がっていただくまでの過程を管理栄養士・調理師・栄養士・調理スタッフが「まごころをこめて」取り組んでおります。

栄養管理

医師の指示のもと、入院患者さんの身長・体重・BMI・検査データ等で栄養状態の確認を行い年齢や状態に合わせた食事を提供しています。また、患者さんの栄養不良のリスクがある場合には、医師・看護師・薬剤師・リハビリ・管理栄養士などが連携をとり栄養状態の改善の為の栄養管理計画を作成し実践しています。また、入院後・術後に食事の摂取不良のリスクが発生した場合にも、患者さんの栄養状態を維持に努めております。

定期的に栄養管理委員会(医師・病棟看護師・薬剤師・理学療法士・看護助手・事務局・管理栄養士・栄養士・調理師)を開催し連携をとりながら患者さんの栄養と食事のサポートを行っております。また、患者さんの嗜好調査を実施し、その結果を報告しております。

診療部門の1つとして入院患者さんの食事は治療の一環であるとともに入院中の一つの楽しみでもあることを念頭に置き、より自宅に近い感覚で食事をしていただけるように心がけております。

病院食について

イベント 節分
イベント 節分

ある日の昼食
ある日の昼食


食事の種類

一般食 常食 :特に制限のない一般的な食事
軟菜食:常食より柔らかく煮たり、蒸したりした食事、硬い食材を避けて調理を行っております
特別食 糖尿病食、減塩食、腎臓病食等の疾患別に対応した食事になっています
その他 手術(腰椎・頚椎・股関節・膝など)によって術後のお食事の内容が異なる場合がございますのでご了承ください
手術後など食事摂取量が低下している患者さんには、通常の食事に栄養補助食品などお付けしております

食事の時間

※温かい料理は温かく、冷たい料理は冷たい状態で患者さんにお届けするように、各病棟に「温冷配膳車」で用意しております。

メニューについて

月曜日・金曜日の朝食 パン食(紅茶をご用意しております)
火曜日・土曜日の昼食 麺のメニュー
日曜日の昼食 丼もの又はチャーハン等の「色ご飯」のメニュー
水曜日の朝食(治療食以外の方) 和食又は洋食のセレクト食

※医師の指示又は手術後の患者さんは上記のとおりでない場合がございますのでご了承ください。

食事形態について

栄養量に基づき食べられる量や症状に合わせた調理形態(ひと口大・形態にあわせたカット、きざみ、ミキサーなど)、味付け(塩分制限など)、治療に必要な栄養内容に対応したお食事を提供しております。

アレルギー・嗜好について

栄養状態の維持という面から、アレルギー・肉や魚・卵・大豆製品・野菜等の嗜好や宗教の禁止食もできるだけ対応しております。
入院時に医師・看護師・管理栄養士・栄養士にご相談ください。

行事食について

入院の中でも、食事から季節を感じていただけるように歳時記に合わせた行事食を提供させていただいております。

食材について

給食管理は直営方式で地産地消への取組みもおこなっており、地元の業者と協力し季節の野菜を使ってお食事を提供させていただいております。

栄養相談

入院・外来栄養指導

対象の方は、主治医にご相談ください。
管理栄養士が患者さんと一緒に、その方にあった提案をさせていただきます。

※栄養指導は主治医からの予約が必要になります。

衛生管理

『大量調理施設衛生管理マニュアル』に基づいて、栄養科スタッフ全員で衛生・安全管理に最も留意しております。
また、スタッフの体調管理も徹底しており「安全でおいしい食事」の提供に努めております。

先輩栄養士からのメッセージ

栄養士 相川 有理沙 2年目

相川 有理沙

栄養士の仕事は、厨房の仕事や入院した患者さんの病棟訪問、嗜好アレルギー食の献立の変更など様々な業務があります。

1年目は多くの業務を覚えること、仕事の段取りを考え行動することがうまくできず、先輩にアドバイスをいただきながら取り組みました。
2年目になると業務を任されることも多くなり、患者さんのところに訪問に伺い「おいしいよ」という言葉をいただくと嬉しくなると同時に、お出ししている食事に携わっている責任の重さも感じております。

患者さんに「ベストの食事」を提供できるよう、日々学び奮闘していますが、いずれは管理栄養士の資格を取得して、スキルアップしたいと考えています。