慶友整形外科病院
慶友健康長寿センター

センター長挨拶

超高齢社会であるわが国では、運動器の障害が原因で、要介護・寝たきりとなる高齢者数は増加しています。「平均寿命」と「健康寿命」はともに延伸し続けていますが、その差は依然として男性で9年、女性で12年あります。わが国の課題は「健康寿命の延伸」であり、「人生100年時代」を生き抜くためには運動器の健康が重要です。

慶友健康寿命延伸センターでは、「フレイル」「ロコモ」「サルコペニア」に焦点をあてて、高齢者の人生の質を高める健康管理や医療介入を考え、高齢者の運動器の健康を応援するための活動を行っています。
外来では「健康長寿外来(メディカルチェック)」と「健康長寿教室(運動療法)」を行っています。
また、病棟では「慶友リエゾンサービス」を立ち上げ、骨折・脊椎・関節手術のため入院された高齢の患者さまに対して、医師、管理栄養士、薬剤師、理学療法士・作業療法士・健康運動指導士、地域連携室が多職種で医療介入を行っています。

慶友健康寿命延伸センターも活動寿命100年を目指しています。

慶友健康寿命延伸センター
岩本 潤