慶友整形外科病院
慶友会について

御挨拶

理事長 宇沢充圭

宇沢充圭

私が館林市松原に開業して40年になります。慶友会はこの40年間で患者さん、手術件数とも大きく増加しました。この予想を超えるご期待に添えるよう2019年3月3日に慶友整形外科病院を新築移転し、現病院は外来専門の慶友整形外科クリニックに改築しました。宇沢整形外科、慶友健診センターと合わせて4施設となりました。

新築した慶友整形外科病院は全病室が個室であり、患者さんにとって最高の療養環境となると思っております。手術室は5部屋に増設し、最新の治療機器・検査機器も導入しました。また、災害に強い病院を目指し、免震構造、200mの深井戸、自家発電機も備えました。

慶友会の理念は「まごころをこめて整形外科専門病院として安全で質の高い医療を行うとともに地域の健康向上に寄与いたします」としております。高度な整形外科を提供すべく10分野の研究センターを設置しており、医師を中心に安全で確実な診療・手術を行えるよう研鑽に努めております。

「医療は人」です。職員教育を最重要視し、互いに切磋琢磨し、患者さんに寄り添った安全でより高度の医療を目指して職員一同一層の努力をして参ります。どうぞ今後ともご指導、ご鞭撻賜りますよう心よりお願い申し上げます。

病院長 堀内行雄

堀内行雄

慶友会は、宇沢充圭理事長が宇沢整形外科(19床)を1979年4月に館林に開設し、伊藤恵康名誉院長をはじめ多くの素晴らしいスタッフに支えられ、徐々に繁栄してまいりました。
創立40周年を迎えたのを機に、整形外科に特化した2次救急と入院施設専用の新病院を建設し、2019年3月3日にオープン致しました。その慶友整形外科病院は、災害時対応可能な極めて安全な建物で、整形外科関連の医療機器や検査機器などの設備もかなり充実しています。病室は137床すべて個室で、広いスペースのなかで、心安らぐ快適な入院生活を送れるように工夫を凝らしています。家具や病室内外を飾るアートなどのほかに個室内のトイレも車椅子での出入りが可能になっています。

慶友会としては、入院患者は慶友整形外科病院で、外来は慶友整形外科クリニック(旧病院)と宇沢整形外科で診療を致します。慶友健診センターは今まで通り運営しております。

職員一同、力を合わせ、更に日々研鑽を積み、病院の理念を実践してまいります。どうぞ、今後とも、ご指導、ご鞭撻ならびにご厚誼のほど、よろしくお願い申し上げます。