慶友整形外科病院
薬剤科

慶友外来

外来調剤

医師が発行した処方箋に対して、薬剤師はその内容を確認し、正しい量か、正しい用法か、相互作用はどうか、重複は無いか、などをチェックし、問題が無ければ調剤します。
当院は電子カルテが導入されているため、オーダリングシステムにより速やかに発行され、会計待ち時間中に調剤しています。
また、必要に応じてお薬の一包化も行っています。窓口では、分かりやすく、理解しやすい内容でご説明し、患者さんが帰宅後に疑問があれば、電話での問い合わせにも親切丁寧にお答えしています。

患者さんへのお知らせ

お薬手帳について

自分が、いつ、どこで、どのようなお薬を処方してもらったのか、薬の名前・量・日数・使用法などを記録するツールがこの『お薬手帳』です。また、副作用歴、アレルギーの有無、過去にかかった病気、体調の変化などについても記入できます。
複数の医療機関を受診する時や、転居した時など、『お薬手帳』を見せるだけで、自分の服用している薬がわかります。また、旅行中や急に具合が悪くなったとき、災害時などに、自分の薬の情報を正確に伝えることができます。
その他、休日診療所や救急病院を受診する時、災害時の救護所などで役に立つのが『お薬手帳』です。
一般用医薬品(OTC医薬品、大衆薬)・サプリメントを含む健康食品も記録しておくと、よくない組み合わせ・食べ合わせが見つかることもあります。
様々な場面で役に立つお薬手帳ですが、病院ごとや薬局ごとに別々のお薬手帳を作らないで、飲んでいるすべての薬を「1冊で」記録することが大切です。そのほか、『お薬手帳』を有効活用するためのポイントは、言いたい事や伝えたい事を書いておくこと、一般用医薬品(OTC医薬品、大衆薬)・健康食品も記録しておくこと、いつも携帯・いつも同じ場所に保管しておくこと、などです。

是非、自分のための『お薬手帳』を一冊携帯することを強くお勧めいたします。