慶友整形外科病院
画像診断科

MRI検査

MRI(Magnetic Resonance Imaging)検査は、大きな磁石でできた機械の中に身体を入れ、磁場と電波を用いることで体の内部情報を調べる検査です。あらゆる断面・種類の画像を撮影することが出来るので、病変の位置、形状、大きさ、性質、周辺臓器との関係を把握することができます。レントゲン撮影ではわかりにくい靭帯や軟骨の損傷、神経・血管・内臓の状態などを詳しく診ることができます。
検査時間は20分から40分程度です。検査時間は長いですが、放射線を使用しないため、被ばくがなく、安全に検査を受けることができます。

当院では、検査部位・疾患の目的に合わせて検査を行っています。また、検査部位により装置も使い分けています。検査時間を必要最小限にしつつ、高画質を保てるよう撮影条件を検討し、検査を受けやすい体位を心掛けていますので、痛みが強く体勢維持が困難な方、閉所恐怖症の方は気軽にご相談ください。

造影検査に関する詳細は「造影検査を行う方へ」を参照してください。

使用装置

慶友整形外科病院 1台 3.0T
慶友整形外科クリニック 2台 0.3T・1.5T
慶友整形外科病院 GE社製 SIGNA Pioneer(トンネル型)
慶友整形外科病院
GE社製 SIGNA Pioneer
慶友整形外科クリニック 日立社製 AIRIS-Ⅱ Comfort(オープン型)
慶友整形外科クリニック
日立社製 AIRIS-Ⅱ Comfort
慶友整形外科クリニック 東芝社製 Vantage Atlas-X(トンネル型)
慶友整形外科クリニック
東芝社製 Vantage Atlas-X

検査時の注意点

心臓ペースメーカー、人工内耳、義眼、MRI非対応脳動脈瘤クリップなどを使用している方は検査を受けることが出来ませんので、医師または技師に事前にお知らせ下さい。
また、その他の金属挿入者も検査を受けられない場合がありますので、事前にお知らせ下さい(問診票にその旨を記して下さい。)
撮影中、動いてしまうと画像がブレてしまいますので、撮影中は顔や手、足など体全身を動かすことができません。せきやくしゃみをしてしまうと、検査の精度が低下しますので、心配な方はご相談下さい。検査中はかなり大きな音がしますが、検査に伴う音ですのでご了承下さい。※音が気になる方、苦手な方は耳栓をご用意下さい。
検査当日、ファスナーのないゴムのズボンや金属のボタンがない服でご来院して頂きますと、着替えをせずに検査を受けることができます。お一人で着替えが難しい方や痛みが強くて着替えが困難な方はなるべく上記のような服装でご来院ください。検査内容に関係なく、全身に金属がない状態で検査を受けていただきます。
また、次の物は検査に影響を及ぼし、装置の故障の原因となりますので検査前にロッカー(無料)に入れて下さい。

その他、ご不明な点などありましたら、事前にご相談ください。

緊急検査が入った場合は、緊急の方が優先になる場合があります。そういった場合は、予約をしていても少しお待ちいただくことがありますのでご了承ください。また、画像作成にも時間がかかりますので、検査後診察がある方は多少お待ちいただきます。