研究センター

慶友脊椎センター

概要

当センターは6名の脊椎脊髄病学会指導医で構成されています。全脊椎に対する一般的な手術に加え、頚椎・腰椎における低侵襲手術の実施、難治例や特殊な病態に対する高度専門医療を行っています。また、これらの臨床成績を解析し得られた知見をもとに学会報告、論文の作成を行っています。

脊椎センター所属医師

センター長 河野 仁
副センター長 片岡 嗣和 渡邉 泰伸 中道 清広 橘 安津子
  伊藤 啓太郎
アドバイザー 細金 直文 竹内 拓海 尾崎 正大

主な対象疾患

  • 頚椎(頚椎椎間板ヘルニア、頚椎症性脊髄症、頚椎症性神経根症、頚椎症性筋萎縮症、頚椎後縦靭帯骨化症、首下がりなど後弯変形)
  • 胸椎(胸椎椎間板ヘルニア、胸椎黄色靭帯骨化症、胸椎後縦靱帯骨化症)
  • 腰椎(腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、腰椎椎間孔狭窄、腰椎変性すべり症、腰椎分離・すべり症)
  • 脊椎圧迫骨折(骨粗鬆症性を含む)
  • 成人脊柱変形
  • 思春期特発性側弯症
  • 脊椎腫瘍、脊髄腫瘍(髄内腫瘍は除く)
  • 化膿性脊椎炎

検査

  • レントゲン、MRI、CT、脊髄造影、筋電図など

保存的治療

薬物療法 内服薬や湿布などの外用薬
注射療法 仙骨硬膜外ブロック、神経根ブロック、トリガーポイント注射
持続硬膜外カテーテル療法
腰椎椎間板ヘルニアに対する酵素注入法(ヘルニコア)
理学療法 筋力トレーニング、ストレッチ、物理療法など

手術実績

  頚椎 胸椎 胸腰椎 腰椎 合計
H29年度 159件 25件 23件 961件 1,163件
H28年度 141件 19件 22件 920件 1,102件
H27年度 135件 23件 10件 923件 1,091件

当センターで行っている代表的な手術

  • 頚椎前方除圧固定術
  • 頚椎椎弓形成術
  • 頚椎椎弓切除術(MicCeL)
  • 胸椎後方除圧固定術
  • 胸椎椎弓切除術
  • 胸椎前方固定術
  • 腰椎後方椎間板摘出術
  • 内視鏡下ヘルニア摘出術(PELD)
  • 腰椎棘突起縦割式椎弓切除術
  • 腰椎後方椎体間固定術(PLIF)
  • 腰椎経椎間孔椎体間固定術(TLIF)
  • 腰椎低侵襲側方固定術(XLIF、OLIF)
  • 腰椎前方固定術
  • 腰椎後方固定術
  • 経皮的椎体形成術(BKP)
  • 脊髄腫瘍摘出術
  • 脊椎骨切り術
  • 側弯症手術

2019年3月よりO-armイメージングシステムを導入しています。手術中にリアルタイムで三次元の画像撮影が可能となります。三次元画像をもとにしたナビゲーションシステムにより安全で精度の高い手術が可能です。

O-armイメージングシステム

成人脊柱変形、思春期特発性側弯症に対する矯正固定術

成人脊柱変形、思春期特発性側弯症に対する矯正固定術

成人脊柱変形や思春期特発性側弯症に対しては矯正固定術を行っております。
患者さんの症状や訴え、日常生活、術前の画像所見より手術方法の選択を行います。
低侵襲インストゥルメンテーション手術であるXLIFやOLIFなどのLIF(Lateral Interbody Fusion)や経皮的椎弓根スクリュー(Percutaneous Pedicle Screw:PPS)の使用なども積極的に取り入れています。

骨粗鬆性椎体圧壊に対する経皮的椎体形成術(BKP:Balloon Kyphoplasty)

骨粗鬆性椎体圧壊に対する経皮的椎体形成術

バルーンで潰れた椎体を持ち上げ、セメントを注入する手術です。
当院では平成29年度より本法を開始しており、年間25件程度の手術を施行しています。
従来は長期の安静臥床や体に負担の大きな広範囲の固定手術を余儀なくされていましたが、この手術により早期の離床が可能となる方もいます。

頚椎における低侵襲手術

平成27年度より頚椎における低侵襲手術(肉眼で行う白石法による低侵襲頚椎連続的椎弓切除術:MicCeL)の臨床応用を開始しており、良好な術後成績が得られています。

内視鏡(PED)を用いた手術

腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、頚椎神経根症などで適応のある患者さんに対して内視鏡を用いた手術を行っています。

慶友PEDセンター

代表的な脊椎手術を受ける患者さんの入院中の経過
※状態によって変更することがあります

入院期間 2週間
手術前日 手術前日入院となります。(月曜日が手術の場合は土曜日入院となります)
筋力等の手術前評価や症状に関するアンケートを行います。
術後1日目 ベッド上での安静期間です。
術後2日目 血抜きの管(ドレーン)が抜け、リハビリスタッフと一緒に歩行器を使い歩きます。
問題がなければ、この日から歩行器を使い自由に歩くことができます。
術後3日目~ リハビリ室でのリハビリが開始となります。
主にストレッチや筋力トレーニングなどを行います。
徐々に歩行器を外し、7日目に自力歩行を目指します。
術後8日目~ 退院に向けて日常生活動作の指導や自宅での自主トレーニングの指導を行います。
10日目に抜糸を行い、手術創に問題がなければ入浴が可能となります。
入院してからおよそ2週間で退院となります。