研究センター

慶友膝関節センター

膝関節とは

膝関節は、大腿骨、脛骨、膝蓋骨によって構成されており、大腿脛骨関節と膝蓋大腿関節に分けられます(図1)。
骨と骨が接する関節面は関節軟骨で覆われており、関節面にかかる圧の緩衝や関節の動きを滑らかにする働きをします(図2)。さらに、大腿脛骨関節には半月板といわれる半月状の軟骨が存在しており、関節の適合性および安定性の向上や関節にかかる圧の緩衝などの働きをしてくれています(図2)。
関節は関節包という組織で包まれており、その内側は滑膜といわれる組織が存在しています(図2)。滑膜から関節液が生成されることによって、関節内は関節液で満たされており、関節軟骨への栄養供給や関節内の潤滑油として作用します(図2)

膝関節とは

治療について

外傷や変性、病的変化、先天的形態異常によって関節は様々な症状を引き起こします。膝関節センターでは、膝関節の専門による徒手検査や画像診断などによって、最善の治療法を選択し提供しております。
治療方針としては、保存療法と手術療法に大別されます。
保存療法とは、手術をしない治療のことで、注射や内服薬などの薬物療法や筋トレやストレッチなどの運動療法、装具療法などを含みます。主に臨床症状や関節内の構造的変化が軽度の方が対象となります。近年では前述した治療法に加え、再生医療としてPRP(多血小板血漿 : Platelet-Rich Plasmaプレートレットリッチプラズマ)療法なども行われるようになってきました。
手術療法とは、文字通り手術による治療になります。臨床症状が強く、関節内の構造的変化が高度の方が対象ですが、手術方法や手術手技は、膝の状態によって異なります。
以下、当院の膝関節センターにおける手術対象となる代表疾患になります。

当院では関節内および関節外に対するPRP療法も行なっております。

  • PRP療法について(ページ作成中)